kyokaについて

LIFE

2019.04.9

2019.04.10

最近、kyokaというアーティストの動画を流しながら仕事をしています。仕事のとき以外はあまりこういうミニマルな音楽は聴きませんが、作業中は別。歌モノやラジオよりも作業に集中できるような気がします。

低音主体のエレクトロ

ジャンルはエレクトロです。本人曰く、低音に非常にこだわっているらしく、「高音は低音を引き立たせるための音」とまで言っています。

wikipedia等のまとめも見つからないようなので、詳しくはわかりませんが、普段はドイツと日本を行ったり来たりして活動している様子。たしかに日本よりも外国で評価が高そうな感じの音楽です。日本でも評価は高いのかも知れませんが。特にドイツはクラフトワークとかもいますし、こういった電子音楽を好きな人が多いのかも知れないです。

アルバム「Is (Is Superpowered)」

現時点で彼女の唯一のアルバム作品らしい「Is (Is Superpowered)」という作品ですが、Youtubeで全編聴けます。音数が少なく無機質でミニマルな印象を受けますが、気づくといつの間にか聴き終わっていてリピートしまくっています。

今までこういう音楽ってあまり好んで聴いて来なかったんですが、年齢とともに嗜好が変わってきたんでしょうか。このアルバム自体が素晴らしいということもあるとは思いますけど。

Boiler RoomでのDJプレイ

Boiler RoomでのDJプレイ経験もあるらしく、その動画も上がっています。

最初はLicaxxxの動画を見ていたんですが、オススメで出てきたのを見たらこちらの方が好みでした。一度見てみてください。